バッグ修理での持ち手

バッグ日常でもビジネスでも使用率が高いバッグですが、リュックサックやトート等素材も種類も様々な種類があります。日頃から使っているバッグは使用年数が多いとどうしても傷が増えボロボロになってきてしまいます。種類によってはファスナーが壊れてしまったり、革が剥がれる、持ち手が壊れてしまうことや内装が汚れたり傷ついてしまったりしてしまいます。バッグは日常的に使うものでどういった場面でも人の目につく可能性が非常に高いものです。バッグがボロボロの状態でビジネスやデートの場面では相手の印象は非常に悪くなるでしょう。バッグはファッションの一部ですのでビジネスでもプライベートでも場面に適したバッグでかつ傷等がない状態で行くのがマナーでしょう。

バッグは買いなおすとなると決して安いものではないのと今自分が所持して使用しているバッグがお気に入りのものだったり、思い出の品等の大切なものの場合はバッグ修理という手段があります。靴や革製品等の修理を受け付けている店舗でも修理を受け付けており、日常的に身近なところに修理店があるので利用してみても良いでしょう。バッグ修理と一言で言っても修理する部分や素材によっては料金も違うため、気を付けましょう。器用な人やモノづくりが好きな方はDIY修理でバッグを直すという手段もあります。

一番触れる機会が多く壊れてしまうと買いかえるか修理しかないのが持ち手です。当サイトでは持ち手の交換等について説明します。