バッグ寿命を延ばそう

バッグバッグの持ち手は使い込んでいくと手が触れている部分だけが弱ってしまいます。弱ってしまった部分の芯を交換し、上から革で補強することも可能です。なるべく元の状態と変えたくない場合は可能なバッグでしたら補強修理という手もあるので試してみると良いでしょう。

バッグの持ち手は普段から使っている分バッグ本体や内装よりも弱まったりするのが目立つことが多いです。バッグの持ち手修理は現在使用しているバッグをそのままのデザインで使い続けたい方に非常に向いています。中には壊れたり弱まったらバッグごと買い替える人もいます。持ち手は日常使う機会が多いほど弱くなるので1年ほどで目に見えて弱まってしまうことが多いためその度に気に入る物を探さなければなりません。持ち手の修理をしっかり専門業者に依頼すれば気に入ったデザインのバッグを新品同様に見えるよう修理し補強されます

大切な人から貰ったり、気に入って奮発して購入したり等思い入れが強いバッグでしたら買い替えるよりも持ち手に限らず修理をおススメします。持ち手の修理を受け付ける店舗も持ち手のほころびほつれ縫いの修理やストラップの補修、革当て縫いでの補強等様々なトラブルに対応しています。壊れたから買い替えようではなく、どうしたら今のバッグの寿命を延ばせるかというポイントにバッグの修理に注目しても良いでしょう。

参考|https://www.kutsusenka.com/service/bag-repair/
└バッグの修理を請け負っている業者のサイトです。

持ち手の素材と種類

バッグの持ち手は一番人の手が触れる部分であり、その分汚れやすくキズがつきやすくボロボロになりやすいです。バッグの本体が綺麗なままでも持ち手がボロボロでそれが原因で捨てることになる事もあるようです。それではバッグの寿命自体があるのに捨てることになるため非常にもったいないでしょう。ましてや思い入れがあり、大切にしているものでしたら尚更です。持ち手交換という手段を使えばバッグの寿命を延ばすことができるでしょう。

持ち手持ち手交換を決断したらまずはメジャーでサイズを計測し、素材、デザインを決め、バッグに合うかどうかをデザインも含めて確認しましょう。持ち手の交換で持ち手を素材から選べるとしても持っているバッグとの相性を優先的に考え決めるのが良いでしょう。持ち手だけのデザイン等で決めると合わなくて後悔する可能性があるからです。素材も合成皮革、本革とあり強度も耐久性も本革の方が高いですが料金も高いです。

素材やサイズ以外にも大事なのが持ち手の取り付けタイプです。ホック式、ナスカン式とナスカンホック式と主に3種類あります。ホック式は輪っかの一部がバネにより開閉ができるタイプです。ナスカン式は着脱が可能で金具のボタンで着脱ができます。ナスカンホック式はその両方を兼ね備えたタイプです。バッグの種類にもよりますが使いやすいのを選ぶと良いでしょう。

バッグ修理での持ち手

バッグ日常でもビジネスでも使用率が高いバッグですが、リュックサックやトート等素材も種類も様々な種類があります。日頃から使っているバッグは使用年数が多いとどうしても傷が増えボロボロになってきてしまいます。種類によってはファスナーが壊れてしまったり、革が剥がれる、持ち手が壊れてしまうことや内装が汚れたり傷ついてしまったりしてしまいます。バッグは日常的に使うものでどういった場面でも人の目につく可能性が非常に高いものです。バッグがボロボロの状態でビジネスやデートの場面では相手の印象は非常に悪くなるでしょう。バッグはファッションの一部ですのでビジネスでもプライベートでも場面に適したバッグでかつ傷等がない状態で行くのがマナーでしょう。

バッグは買いなおすとなると決して安いものではないのと今自分が所持して使用しているバッグがお気に入りのものだったり、思い出の品等の大切なものの場合はバッグ修理という手段があります。靴や革製品等の修理を受け付けている店舗でも修理を受け付けており、日常的に身近なところに修理店があるので利用してみても良いでしょう。バッグ修理と一言で言っても修理する部分や素材によっては料金も違うため、気を付けましょう。器用な人やモノづくりが好きな方はDIY修理でバッグを直すという手段もあります。

一番触れる機会が多く壊れてしまうと買いかえるか修理しかないのが持ち手です。当サイトでは持ち手の交換等について説明します。