バッグ寿命を延ばそう

バッグバッグの持ち手は使い込んでいくと手が触れている部分だけが弱ってしまいます。弱ってしまった部分の芯を交換し、上から革で補強することも可能です。なるべく元の状態と変えたくない場合は可能なバッグでしたら補強修理という手もあるので試してみると良いでしょう。

バッグの持ち手は普段から使っている分バッグ本体や内装よりも弱まったりするのが目立つことが多いです。バッグの持ち手修理は現在使用しているバッグをそのままのデザインで使い続けたい方に非常に向いています。中には壊れたり弱まったらバッグごと買い替える人もいます。持ち手は日常使う機会が多いほど弱くなるので1年ほどで目に見えて弱まってしまうことが多いためその度に気に入る物を探さなければなりません。持ち手の修理をしっかり専門業者に依頼すれば気に入ったデザインのバッグを新品同様に見えるよう修理し補強されます

大切な人から貰ったり、気に入って奮発して購入したり等思い入れが強いバッグでしたら買い替えるよりも持ち手に限らず修理をおススメします。持ち手の修理を受け付ける店舗も持ち手のほころびほつれ縫いの修理やストラップの補修、革当て縫いでの補強等様々なトラブルに対応しています。壊れたから買い替えようではなく、どうしたら今のバッグの寿命を延ばせるかというポイントにバッグの修理に注目しても良いでしょう。

参考|https://www.kutsusenka.com/service/bag-repair/
└バッグの修理を請け負っている業者のサイトです。

Pocket